<   2004年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

イタリア日記(2)

今回初めてイタリアの列車の切符がインターネットで取れることを知った。
イタリア国鉄TRENITALIAのサイトで、カード払いで座席予約もできて、あとは乗る前に駅の機械で発券するだけ。これは非常に便利だ。
前回はミラノで次の日の切符を買うのに2時間近く待たされて、かなりイラついた。
しかも、夜8:30で窓口は終了です、というアナウンスが8:20頃にあって、私を含め待合室にいた20人位の人たちは顔を見合わせて、まーっさかこれだけ待ってるのに閉めたりしないよねぇ、というひきつった笑いを浮かべながら窓口ににじり寄ったにもかかわらず、8:30をまわった時点で待合室の電気が消され、窓口もパタパタと閉められてしまったのだ。
私はというと、最後から2番目に買うことができたが、取り残された人達に申し訳ない思いで、下を向いて足早に駅を後にした。

ミラノのホテルもインターネットで予約していった。
ここ何回かネット予約を使ってはいるが、今回見つけた venere.comは予約のコンファームが速かったし、見やすいし、良かった。
帰ってからメールが来て、楽天のように利用者に評価してくれというのだ。で、その評価サイトに行ってみたら、ホテルに関しては、従業員の接客態度とか清潔さとかセキュリティとか、それからサイトと実際の整合性に関して、記載の仕方は良いかとか写真は適切か、など細かく5段階で評価できるようになっている。
私は全部4(なかなか良い、位か?)にしておいた。
[PR]
by musicane | 2004-11-30 12:03 | 徒然Musica

イタリア日記(1)

相変わらず短い滞在だった。
ミラノに夕方着いて、次の朝には8:48のInter Cityに乗ってモデナへ。
この特急列車は、モデナまではほんの2時間弱だが、ボローニャ、フィレンツェ、ローマ、ナポリを通って夜の9:45にはレッジョ・カラブリア(ブーツのつま先のあたり)まで行く。
しかし相も変わらず、イタリアの電車は時刻表通りには出発してくれない。
10分遅れるという駅構内の表示は、車内のコンパートメントにいる我々乗客には知らされることは無く、私の目の前の席に座る20才前後の女の子が友人と窓ガラス越しに交わす指文字から得た情報だった。
10分遅れの情報を知るや否や、コンパートメント内の男性二人が電話をかけ始めた。
イタリアでは日本以上に携帯電話が普及していて、リストランテの中だろうと電車の中だろうと運転しながらだろうとお構いなしにしゃべりまくる。
いやぁ、参ったよ、電車の出発が遅れて。でも5時半頃には君に会えるはずだよ、じゃあまたその時に、チャオ!とかいう話をしているらしい。
困ったなぁ、私は携帯を持っていないから、モデナの駅に迎えに来てくれることになっているロザルバさんに連絡ができないし、、、。でも10分位なら待っていてくれるでしょ、と楽観的に車窓を眺めていた。
いったいどうなっているのか、10分遅れのはずの列車は、モデナに着いた時には30分近く遅れていた。
[PR]
by musicane | 2004-11-28 23:04 | 徒然Musica

ミコロコスモス

b0051084_02491.jpg

久しぶりにミコがピアノの譜面台に鎮座していた。
座布団にしているのはバルトークのミクロコスモス3冊。
[PR]
by musicane | 2004-11-12 00:02 | 徒然Mico

ドライブwithピカちゃん(2)

11月6日 土曜日
夫のピカちゃん熱が続いているため、朝5時半起きで箱根芦ノ湖へ。
10時には生徒さんが来るので、それまでに戻る条件でのドライブ。
こんなに朝早ければ道路もスイスイだろうと思いきや、東名は横浜町田近辺ではやはり低速道路なのであった。おまけに箱根新道を下りた風祭も、お決まりの渋滞。
片道2時間、芦ノ湖滞在10分弱。

紅葉にはまだ少しだけ早かった。

b0051084_23233389.jpg

[PR]
by musicane | 2004-11-06 23:24 | 徒然Picasso

ドライブwith ピカちゃん(1)

11月3日 文化の日。
ピカちゃんが来てからというもの、どこかへ行きたくて仕方ない様子の夫。
朝7時過ぎ、お粥を食べに横浜中華街へ。
片道1時間強かけて行って、食べている時間はせいぜい15分くらい。
前の晩のカツオの刺し身に当たったのか、腹痛と○痢でほとんど眠れなかった私も蒸し鶏のお粥ですっかり回復。
b0051084_22544148.jpg
[PR]
by musicane | 2004-11-03 22:30 | 徒然Picasso

ピカちゃん

b0051084_10232584.jpg

先週末、新車が来た。シトロエンのクサラピカソという車だ。
今までのオペルVitaよりふたまわりほど大きく、車高が高く、小回りがきかない。
私の住んでいる玉川学園周辺は道が狭く、山坂が多いので、直進の安定性が抜群で70km/h位でやっと4速に入るピカちゃんには、全く適さない土地柄と言えよう。
[PR]
by musicane | 2004-11-02 10:23 | 徒然Picasso


音楽のことを書くはずが、完全に子育てブログに。。。


by musicane

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
徒然Ikubon
徒然Musica
徒然Mico
徒然Picasso
日々徒然
profile

Links

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

タグ

(51)
(15)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ライフログ


Everything and Nothing


The Columbia Studio Recordings, 1964-1970


Arrau on Music and Performance (Great Pianists: In Their Own Words)


パリ左岸のピアノ工房


トリエステの坂道―須賀敦子コレクション


ダーシェンカ


のだめカンタービレ(1)


大阪豆ゴハン (2)


誰も寝てはならぬ 2 (2)


しばわんこの和のこころ

検索

フォロー中のブログ

イタリア生活日記ブログ+...
フランス落書き帳
しっぽりミラノ
もぐもぐイタリア!
たとえばこんな■イタリア語
ミラノな日々
ほんの日常(北イタリアにて)
たんぶーらんの戯言
フランス語とイタリア語ノ...
diario dello...
鎌倉スイス日記
ドイツ音楽紀行
Blog | Hiroa...
アルケミスタの日常

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧